紙器の専門サイト|日本トーカンパッケージ

イーコマース改善ヒント集

通販事業・物量別
課題と解決策

イーコマース(通販)業界の企業様の中には、自社の物流に合わせて、どのようなパッケージを選択すべきか、頭を悩まされている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

自社商品を安く、スピーディに、安全にお客様の手元に商品をお届けするためには、また商品を受け取られたお客様に「また買いたい」と感じていただくためには、配送用パッケージの形態・印刷方式・梱包方法・梱包支援システムなどの種類を知っておくことは非常に重要と言えます。

ここでは通販業者様の課題を、月間物量数を軸に4つのステップに分けて整理してみました。

日本トーカンパッケージならstep1

イーコマース(通販)の立ち上げ~
販売開始当初

STEP1は、イーコマース(通販)の立ち上げや販売開始当初に、
パッケージに関連する項目を整理しています。

商品の梱包は人手で対応している段階です。商品を販売した結果、
パッケージに関連する機能の改善やパッケージコストが想定よりアップになっている等に課題が出てきたようなSTEPです。

梱包物 パッケージの選択 パッケージの形態 印刷方式 梱包方法 推奨システム
6,000個~
(月間/単品)
・紙器メーカーより購入
(イニシャルコスト発生)
・規格箱をネット調達・包装資材会社から調達
(イニシャルコスト不要)
・A式
・A式ワンタッチ
・B式ワンタッチ
・B式4隅貼り
・フレキソ印刷
・無地+シール
・無地+箔押し
・必要な時に外部委託
・自社で人海戦術
・Quick e-pack(クイックイーパック)
(マニュアル)
・エコ・クイックBOX
(マニュアル)
※目安:
日産ベースで
300個
※イニシャルコスト・・・
版・木型費用(紙器生産には必須の費用)
※既存取引があれば既存メーカーと検討
※一般的な形態で対応
※イニシャルコストと関連
※社名・商品名程度の表示 ※手作業で箱を組み立てる
対応
動画を見る 動画を見る

※横にスクロールできます。

日本トーカンパッケージならstep2

イーコマース(通販)が安定事業に成長

STEP2は、イーコマース(通販)市場で固定客(リピーター)が定着し、
梱包物量が増加し安定的な物量になります。特別な要因がない限り、月間・年間の販売動向が推測できます。

更なる成長に向け、トータル物流コストや梱包作業の人件費等の解決課題が顕著になってきたSTEP2です。

梱包物 パッケージの選択 パッケージの形態 印刷方式 梱包方法 推奨システム
20,000個~
(月間/単品)
・紙器メーカーに委託・パッケージの包装改善が出来るサプライヤーと取引 ・step1と同じ
・宅配会社指定のパッケージ
・自社オリジナル
オフセット印刷・オフセットダイレクト印刷
※グラビア印刷
・自社で梱包ラインを常設・梱包から出荷まで物流会社に委託 ・Quick e-pack(クイックイーパック)
(セミオート)
・エコ・クイックBOX
(セミオート)
※目安:
日産ベースで1000個以上
※パッケージ設計力・包装改善力が必要※新規提案が可能なパートナーが必要 ※市場要求・物流過程の課題を解決するためオリジナル化を検討 ※商品訴求性のある
デザイン
※美粧性は格段に向上
※手作業の箱組み立てでは作業者の負担がかかる段階 動画を見る 動画を見る

※横にスクロールできます。

日本トーカンパッケージならstep3

イーコマース(通販)が主力事業に成長

STEP3は、イーコマース(通販)の事業規模が拡大し、大規模な物流展開の検討が必要になっています。
イーコマース(通販)事業に、包材(紙器・段ボール)・物流のパートナーが必要となります。

パートナーは、課題解決の提案が出来ることが条件になります。
梱包作業は、手作業から機械化への以降が必要になるSTEPです。

梱包物 パッケージの選択 パッケージの形態 印刷方式 梱包方法 推奨システム
100,000個~
(月間/単品)
・複数の紙器メーカーの競合により選択が可能・パッケージの包装改善力やデザイン力も加味される ・宅配会社指定のパッケージ・高機能パッケージ グラビア印刷
・プレプリント
フレキソ印刷
・オフセット印刷
・イーコマース専門での部流会社に委託・出荷コントロール・梱包システム・ピッキングライン自動化検討 ・トレーフォーマー・梱包ライン
自動設計
※目安:
日産ベースで5000個以上
※形態・梱包等の個別コストが検討課題※パッケージ以外の付加価値も検討 ※梱包物量消化のため、自動化を検討、パッケージの形態にも影響あり ※大量生産型印刷の採用※デザインの要求に沿った印刷方式を選択 ※手作業の組み立て作業では人手とコストがかかるため、梱包システムで組み立てを対応コンポ(ピッキング)ラインも自動化 動画を見る 動画を見る

※横にスクロールできます。

日本トーカンパッケージならstep4

イーコマース(通販)が市場認知度
も向上、同業他社との競合も発生

STEP4は、イーコマース(通販)事業の市場認知度も成熟し、
更に拡大路線を志向するが、競合メーカーの存在も明確になってきている。

商品の梱包も、ピッキングからフルフィルメント(受注~梱包~発送~代金回収)など、物流コスト競争や商品特性だけではなく
パッケージの美粧性・サービス向上も余儀なくされるSTEPです。

梱包物 パッケージの選択 パッケージの形態 印刷方式 梱包方法 推奨システム
500,000個~
(月間/単品)
・複数の紙器メーカーの競合+梱包システムで選択・パッケージデザインの再現力も加味される。・パッケージに使用される
素材の選択
(商品イメージ訴求)
・宅配会社指定のパッケージ・梱包システム対応
パッケージ
グラビア印刷
・プレプリントフレキソ印刷
・オフセット印刷
・イーコマース専門での部流会社に委託・出荷コントロール・全自動梱包システム+ピッキングライン確立 ・Quick e-pack(クイックイーパック)
(フルオート
システム)
・トレーフォーマー
ネコポス、ゆうパケット等の、高さ30mm程度の薄いパッケージに対応
※目安:
日産ベース25000個以上
※トータル物流コスト面からパッケージ形態の検討が
課題
※パッケージで付加価値を提供できる事もポイント
※梱包物量消化のため、全自動設備対応の形態に移行 ※表面特殊可能で美粧性・高級感が向上※包装資材の素材も高級化 ※大規模物流会社(センター)に全面委託。省人化システムでコストダウン最大化 動画を見る 動画を見る

※横にスクロールできます。

日本トーカンパッケージは、マイクフルートを一貫生産する紙器メーカーです。
パッケージの包装改善は当然として、お客様の生産ラインで持つ課題を、システム改善提案として提供できる事が特長の総合紙器メーカーです。
是非、貴社の総合的な改善を一緒に取り組まさせてください。

日本トーカンパッケージの特長

  • 梱包パッケージ用マイクロフルート製造一環メーカー

    梱包パッケージ用
    マイクロフルート
    製造一環メーカー

    マイクロフルート必須のGF~EFの生産に必要な製造工程をすべて自社生産ラインで実施しています。大ロット製品でもプレプリント(グラビア印刷・スレキソ印刷)を有し、小ロット対応としてオフセット印刷も可能です。

  • イーコマース(通販)向け梱包システム

    イーコマース(通販)向け
    梱包システム

    イーコマース(通販)向けシステムは、DS Smith Plc(DSスミス)のQuick e-pack(クイックイーパック)と日本トーカンパッケージ自社開発のエコ・クイックBOXがあります。お客様の課題に沿ってシステム提案をさせて頂きます。

  • レイアウトを含む総合システム提案

    レイアウトを含む
    総合システム提案

    海外提携企業からの最新システムと日本トーカンパッケージ包装開発センターが連携し、様々なお客様の生産ラインに組み込めるようにレイアウト提案を含むパッケージングシステムをご提案します。

  • 豊富な製品取り揃え

    豊富な製品取り揃え

    日本トーカンパッケージでは、様々なご要望にお答えするべく蓄積されたパッケージ形態、付加価値機能、連動したシステム等のバリエーションからお客様の課題解決のお手伝いをする製品群があります。

その他の業界

日本トーカンパッケージでは、市場要求にお答えするべく、様々なカテゴリーで製品を提供しています。
弊社は「容器リサイクル推進協議会」に所属し、日本のリサイクル環境の変化を捉え製品改良を進めております。

お問い合わせ・各種請求

製品・サービスに関するご相談・お問い合わせ、
各種のご請求はこちらから