紙器の専門サイト|日本トーカンパッケージ

Quick e-pack(クイックイーパック)

ECパッケージ組立業務を
梱包システムで
省人化・省力化

EC用パッケージ組立作業で
こんなお悩みありませんか?

  • パッケージの組み立てに専用の人員が必要となり、梱包作業の労務費が高くついている

  • 人手不足が慢性化し、梱包作業の人員が安定的に確保出来ない

  • 1日もしくは1ケ月単位で梱包しなければならない数量が限界に達している。

  • ワンタッチのパッケージを使用しているが、商品を梱包する際、商品が安定せず梱包作業の効率が悪い

  • 梱包作業を機械化したいが、低価格の良いシステムが見つからない

  • パッケージが大きすぎたり、小さすぎて人手の作業では効率が悪い

梱包システム「Quick e-pack」が
すべて解決します!

Quick e-pack(クイックイーパック)とは?

Quick e-pack(クイックイーパック) は、EC用のパッケージ組み立てシステムです。
パッケージの組立作業で、時間単位の効率化UP、人手不足を補う組み立て支援、一人では組み上げる事が困難な超大型パッケージ、パッケージのサイズが小さくまた高さが低いパッケージの組立作業の簡易化等様々な梱包作業の場面で活躍しています。
欧州最大の段ボールメーカーであるDS Smith Plc(DSスミス)が開発したパッケージの組み立てシステムで、日本トーカンパッケージは、ライセンス契約を締結し日本国内で販売展開をしています。

Quick e-pack(クイックイーパック)とは

Quick e-pack(クイックイーパック)の特長

  • パッケージの底面がフラット構造

    パッケージの底面が
    フラット構造

    通常一般的使用されるワンタッチケースは、底面が糊貼されており、組み上げると底が上方向に押し上げられ、商品を固定する作業の妨げになっています。Quick e-pack(クイックイーパック)は底面がフラット構造のため商品の固定が容易になります。

  • Quick e-pack(クイックイーパック)は様々なタイプでシステムを用意

    Quick e-pack(クイックイーパック)は様々なタイプでシステムを用意

    Quick e-pack(クイックイーパック)は、梱包物量に応じて様々なシステムタイプを用意しています。マニュアルタイプ(手動)・セミオートタイプ・フルオートタイプ等ラインナップしています。梱包ラインの改善・パッケージ形態の改善を含め梱包総コストの総合提案でさせて頂きます。

  • 梱包用システムは軽量なため移動が簡単!

    梱包用システムは軽量
    なため移動が簡単!

    梱包作業場にゆとりがある事は中々ないと思います。特に梱包ラインを固定化すればデッドスペースとなります。物量変化の激しいイーコマース(通販)では、移動可能(もしくは軽量)なシステムが必要です。Quick e-pack(クイックイーパック)は軽量タイプ・キャスター付も提供できます。

  • パッケージの機能を維持し包装改善

    パッケージの機能を維持し包装改善

    Quick e-pack(クイックイーパック)は、現行パッケージの基本機能を維持しながら、Quick e-pack(クイックイーパック)のシステムに適合するパッケージの形態改善を実施します。包装開発センターの包装技術グループと包装システムグループが連携して総合システム提案をさせて頂きます。

省人化・省力化事例

Quick e-pack(クイックイーパック)のシステム導入で欧州で積極的に取り入れられています。

価格

基本フローでヒアリングされた梱包コストをベースにパッケージの形態改善・梱包作業の労務費改善をベースにご提案します。
お客様のパッケージ形態・梱包作業人員・梱包場所・日産(月産)の梱包等により千差万別のコスト体系となります。
各お客様に準じた総合提案でトータルコスト提案をさせて頂きます。

基本フロー

1
お客様の問題点・課題をヒアリング
お客様の問題点・課題を
ヒアリング
2
梱包作業スペース・人員配置・日産必要数の確認
梱包作業スペース・人員配置・
日産必要数の確認
3
パッケージの月間・年間数量の確認
パッケージの月間・年間数量の確認
※システム選択の
条件情報となります。
4
パッケージの設計・システムの選択
パッケージの設計・
システムの選択
5
パッケージ&システムの総合提案
パッケージ&システムの
総合提案
6
梱包作業関係者への改善提案
梱包作業関係者への
改善提案
7
貴社フィードバックと
貴社フィードバックと
省人化・トータルコストダウンのご提案
8
採用決定、設備発注
採用決定、設備発注
9
設備完了と国内調整
設備完了と国内調整
10
設備搬入と稼動開始
設備搬入と稼動開始

よくある質問

  • Q サンプル作成してもらえますか?

    A

    サンプル作成は可能です。但し、紙器製造メーカーなので、製品受注の一環として対応しています。サンプルのみの制作は承っておりません。

  • Q 設備の費用はいくらですか?

    A

    設置場所や設備タイプによって異なります。現地確認と使用状況を打ち合わせさせて頂き、改めて提案いたします。

  • Q パッケージの改善を相談したいのですが?

    A

    承ります。課題や問題点をヒアリングさせて頂き、営業が訪問させて頂きます。

  • Q コストダウン提案はしてもらえますか?

    A

    現状分析が大切です。貴社の現状・課題等をヒアリングさせて頂きご提案を作成いたします。

  • Q デザイン提案してもらえますか?

    A

    デザイン作成は可能です。但し、紙器製造メーカーなので、製品受注の一環として対応しています。デザインのみの制作は承っておりません。

  • Q パッケージの改善をしたいのですが、訪問してもらえますか?

    A

    承ります。事前に課題や問題点をヒアリングさせて頂き、営業が訪問させて頂きます。

関連サービス

業界別特集

日本トーカンパッケージとは?
日本最大の包装容器メーカーの東洋製罐グループと
国内2大製紙メーカー日本製紙株式会社を母体とした国内基盤の強いパッケージメーカーです。
当社の強み 日本トーカンパッケージ
日本トーカンパッケージは、国内に包装開発センターを持ち、ライン設計・システム導入・マシンメンテナンス等、東西に在住する包装システムグループが自社で実施しています。
また、DS Smith Plc(DSスミス)・WestRock Company(ウェストロック)など海外のパッケージ・製紙メーカーと提携し、日本国内で海外包装システムを提供するパッケージメーカーです。

お問い合わせ・各種請求

製品・サービスに関するご相談・お問い合わせ、
各種のご請求はこちらから