紙器の専門サイト|日本トーカンパッケージ

オリジナルパッケージ製作・化粧箱・紙箱

日本トーカンパッケージ包装開発センターが開発した
販売促進用パッケージ形態・海外提携先の市場トレンドを取り入れたパッケージ形態の提案で
お客様の販売促進効果を向上をご支援いたします。

貴社ブランドの確立と、物流コスト削減を実現した
オリジナルパッケージをご提案します

日本トーカンパッケージは、以下に代表されるあらゆる製品パッケージを
販売促進とコスト削減の両面からソリューションをご提供しています。

  • コモンギフトパッケージ
  • プリセット什器
  • マルチパック
  • EC向け配送箱
  • シェルフレディパッケージ
  • キャリケース
  • パッケージ内POP
  • ディスペンサーBOX

日本トーカンパッケージの特徴

FEATURE 1

日本最大の包装容器メーカー東洋製罐グループと
国内2大製紙メーカー日本製紙株式会社を母体とした国内基盤の強い日本トーカンパッケージ。

日本トーカンパッケージは、全国に生産拠点を持ち、パッケージとシステムの開発を担当する「包装開発センター」を自社保有しています。
また、DS Smith Plc(DSスミス)・WestRock Company(ウエストロック)など、
海外メーカーとも連携し、日本国内へ海外包装システムを導入しているパッケージメーカーです。

FEATURE 2

国内最薄のマイクロフルート(Gフルート)を
一環製造。物流コストの削減も可能。

マイクロフルート(GF~EF)製品の製造に必要なすべての工程を自社一貫で対応しています。大ロット製品に対応するプレプリント設備(グラピア印刷・フレキソ印刷)と、中・小ロット製品に対応するオフセット印刷機・フレキソダイレクト印刷機を活用し、美粧性の高いマイクロフルートをお客様のロットに応じて供給しています。

FEATURE 3

梱包業務の自動化・半自動化も可能。

欧州で展開されているイーコマース市場向けの開発パッケージ・省人化システムと、日本トーカンパッケージが日本市場特有のパッケージサイズに適合させたシステムを独自に開発し、イーコマース(通販)市場の課題解決を支援します。
日本トーカンパッケージが長年市場で実績を積み重ねてきた、形態改善(包装改善)と
梱包システムの連動で、お客様梱包ラインの自動化・半自動化をお手伝いします。

よくある質問

  • Q コストダウン提案はしてもらえますか?

    A

    現状分析が大切です。貴社の現状・課題等をヒアリングさせて頂きご提案を作成いたします。

  • Q サンプル作成してもらえますか?

    A

    サンプル作成は可能です。但し、紙器製造メーカーなので、製品受注の一環として対応しています。サンプルのみの制作は承っておりません。

  • Q パッケージデザインのみの提案も可能ですか?

    A

    紙器製造メーカーなので、製品受注の一環として対応しています。デザインのみの制作は承っておりません。

  • Q 最小ロット数の設定はありますか?

    A

    最小ロットは設定していませんが、ご希望の個数に対応した見積り・価格をご提示します。
    現実的には1000個未満の場合は、「規格箱」を購入される方が安価になる場合があります。

  • Q 最短納期はどのくらいですか?

    A

    販・木型が準備出来てから約2週間で納品可能です。
    新製品を立ち上げる場合でも、1~1.5ケ月ほどで対応可能です。

  • Q 新製品のパッケージデザインを検討中です。商品コンセプトのすり合わせから相談可能でしょうか。

    A

    対応可能です。新デザイン・印刷仕様等のご相談にも対応できます。
    ※弊社はパッケージ製造会社です。デザインだけの対応は行っておりません。

お問い合わせ・各種請求

製品・サービスに関するご相談・お問い合わせ、
各種のご請求はこちらから