紙器の専門サイト|日本トーカンパッケージ

紙器の基礎知識

EC売上アップ4つのポイント!
~パッケージ・包装も売上アップに貢献

EC売上アップ4つのポイント!~パッケージ・包装も売上アップに貢献

デジタル化やスマートフォンの普及、新型コロナウイルス感染症の影響などの背景から、最近はEC化が加速しています。現在、ECに取り組む企業も多いのではないでしょうか。
今回は、そのECの売上アップのポイントとともに、特にパッケージ・包装の側面から売上アップする方法をご紹介します。

1.EC売上アップのポイント5つ

ECを始めると、ECの売上アップのためにはどうすれば良いのか頭を悩ますことでしょう。そこで、一般的なEC売上アップのポイントを5つ解説します。

1.ターゲットの明確化
ECで取り扱う商品によって、ターゲットは異なります。ターゲットを明確にし、そのターゲットがECサイトに訪れたときにどんな場所であれば購買意欲が増すのかを考え、魅力的に作り上げます。広告やその他の施策もターゲットに基づいて検討していきます。

2.競合との差別化
競合のECサイトをリサーチし、差別化を行っていきます。他社サイトの集客方法を真似たり、行っていない施策を実施したりします。

3.集客施策
集客のためにECサイトのSEO対策や各種オンライン広告を打つことは必須といえます。お客様に認知してもらうためにも重要です。

4.サイト分析・改善を定期的に実施
ECサイトのアクセスはどのくらいか、どのページが多く見られているか、どのページの離脱率が高いか、どの商品が売れているかなど、サイト上で取得したデータをもとにサイト分析を行い、改善していきます。定期的に実施することで、売れるECサイトに育てていくことができます。

5.リピート施策の実施
一度購入したお客様に再度購入してもらうために、メルマガ配信やチラシ及びダイレクトメールの送付、ポイントやクーポンの提供、SNSでの情報発信などを通じてリピート施策も行います。

2.パッケージ・包装からの施策も有効

実は、ECサイトの売上アップ施策において見過ごされがちなのが、パッケージ・包装の工夫や見直しです。競合との差別化や集客・リピート施策にも役立ちます。
そこでパッケージ・包装からの施策とは、具体的にどのように行うのか解説していきます。

●梱包箱のデザインで印象アップ
ECサイトでのショッピングは、ネット上で購入した後、自宅等に商品を配送して届けられるのが特徴です。商品は段ボールや梱包資材で包装し、さらに化粧箱に入っているのが一般的です。
そのため、届いた商品を最初に目にする梱包箱や開けた後の化粧箱のデザインやロゴなどはとても重要です。工夫することで印象が良くなり、ブランディングにもつながります。

●開封体験も重要
お客様にとってECサイトでのショッピングの楽しみは、ただ商品を手に入れることだけではありません。商品をECサイト上で選び、注文して届くまでわくわくしながら待ち、届いたときに梱包箱を手にして開封するまでの高揚感など、一連の体験も楽しんでいます。特に開封体験をよりレベル高いものにするための工夫をすることで、お客様により楽しんでもらえます。

●SNSで拡散される可能性も
梱包箱がオシャレなデザインだと、購入したお客様がSNSを通じてそのことを写真などで投稿して拡散してくれる可能性もあります。そうなれば自然とブランディングにつながるため、パッケージはとても重要といえます。

3.まとめ

EC売上アップのポイントをご紹介してきました。特に見過ごされがちなパッケージ・包装部分にこだわることで、競合他社との差別化やブランディングにつながります。
日本トーカンパッケージでは、ECの売上アップのためのパッケージや梱包箱のご提案や、オリジナル製品の制作も行っております。輸送途上の保護性・安全性を加味した製品や、コスト削減のご提案も可能ですので、お気軽にご相談ください。

お役立ち資料

  • 商品発送箱の「組立スピードアップ」と「材質」を見直して物流コストを削減するポイント

    商品発送箱の「組立スピードアップ」と「材質」を見直して物流コストを削減するポイント
  • マイクロフルート(Gフルート)の活用事例

    マイクロフルート(Gフルート)の活用事例
  • EC梱包作業を半自動化!
    トータルコスト削減のヒント
    ~Quick e-pack(クイックイーパック)活用によるECケース合理化~

    Quick e-pack(クイックイーパック)活用によるECケース合理化
  • EC発送箱の面積比23%削減で
    物流コストを削減!
    ~Eco-Quick-Box(エコクイックBOX)活用によるECケース合理化~

    Eco-Quick-Box(エコクイックBOX)活用によるECケース合理化

紙器は、多くのメリットを持つ優れた包装容器です

紙器には多くの種類がありますが、個装箱・中箱が最も多く使われます。紙器の印刷方法や製造工程をご紹介します。

日本トーカンパッケージとは?
日本最大の包装容器メーカーの東洋製罐グループと
国内2大製紙メーカー日本製紙株式会社を母体とした国内基盤の強いパッケージメーカーです。
当社の強み 日本トーカンパッケージ
日本トーカンパッケージは、国内に包装開発センターを持ち、ライン設計・システム導入・マシンメンテナンス等、東西に在住する包装システムグループが自社で実施しています。
また、DS Smith Plc(DSスミス)・WestRock Company(ウェストロック)など海外のパッケージ・製紙メーカーと提携し、日本国内で海外包装システムを提供するパッケージメーカーです。

お問い合わせ・各種請求

製品・サービスに関するご相談・お問い合わせ、
各種のご請求はこちらから