紙器の専門サイト|日本トーカンパッケージ

参考事例&導入事例

海外提携先のシステム導入で強度劣化45%低減!

欧州最大の段ボールメーカーであるDS Smith Plc(DSスミス)と日本トーカンパッケージは
様々なパッケージのシステムと形態でライセンス契約を締結しています。
代表的な形態の特徴として(8角形)とマンドレルを使用したその製箱システムは
日本トーカンパッケージ包装開発センターと連携し導入されています。
お客様が現在抱えている様々な問題の解決を御提案させて頂きます。

海外提携先のシステム導入で強度劣化45%低減!

ライセンス提携先

社名
DS Smith Plc(DSスミス)
本社所在地
ロンドン
拠点
段ボール工場、包装開発センター等(260拠点以上)
従業員数
31,000名・37ヶ国
売上高
61憶7100万ポンド(8800億円)
段ボール生産量
60憶箱/年程
グループ内
各事業部
【段ボール事業部】
年間150憶ケースの段ボールを生産

【原紙事業部】
年間250万トンの原紙を生産

【リサイクル事業部】
年間500万トンの古紙を回収
DS Smith Plc(DSスミス)

外装段ボールの多くは、パレットに積み上げられて保管されます。
製品保管方法は2段積・3段積と倉庫スペースの有効活用や保管料削減が課題となっています。
外装箱の内容物が不定形、袋物の場合、課題解決が難しくなります。

これまでの課題

1 容器の強度が足りない
スタンディングパウチは、容器で強度を保持できないため、段ボールケースで強度を持たせる必要がある。そのため、一般的な段ボールケースでは強度のある材料や仕切りを使用している。

2 中身を見せた陳列が難しい
店頭で段ボールを積上げて陳列する際、中身を見せた状態で陳列することが難しい。

3 スタンディングパウチを入れた際、隙間がある
一般的な段ボールケースは、4角形になっているため、スタンディングパウチを入れた際、角に隙間がある。

導入効果

1 材料強度不要・仕切りを使用せず強度保持
段ボールケースの形状を8角形にすることによる耐圧強度アップや、精度よくスタッキングが出来る「センタリングデバイス」により棒積みができるため強度劣化を抑制します。そのため、一般的な段ボールケースに比較し、材料強度を必要とせず、また仕切りを使用せずに強度を保つことができます。

2 仕切り不要。中身を見せる陳列が可能。
「センタリングデバイス」により上下の段ボールをスタッキングができるため、店頭で安定した段ボールの積上げができます。また、仕切りと使用しないため、中身を見せる陳列が可能です。

3 8角形にすることで隙間を少なくする
段ボールケースの形状をスタンディングパウチに合わせて8角形にすることで、隙間を少なくすることができ、段ボールケースの材料使用面積を減少させることが可能です。

導入の背景

  • DS Smith Plc(DSスミス)より多角形の段ボールケースを作れるシステムを導入

    DS Smith Plc(DSスミス)より多角形の
    段ボールケースを作れるシステムを導入

    スタンディングパウチ向けの段ボールケースは、スタンディングパウチ自体が荷重を支えられないため、強度のある紙を使用したりケース内に仕切りを入れて段ボールケースで荷重を支えていました。スタンディングパウチ向けの段ボールとして、各社様々な形で効率的なパッケージを開発していたものの、4角形の段ボールケースをベースに開発が進んでいました。

    その中、当社では欧州のDS Smith Plc(DSスミス)(当時オトール社)より新たなパッケージシステムのライセンスを購入し、多角形の段ボールケースを作れるシステムを輸入し、その活用用途を模索してきました。

    環境負荷低減の中、日用品では詰め替え用需要の増加とともに包装資材としてスタンディングパウチが伸長しており、市場として注目し開発をすすめ、その効果が認められ導入いただいています。

導入の効果

  • 強度強く紙薄く物流コスト削減

    強度強く紙薄く物流コスト削減

    オトールパッケージングシステムを導入すると、4角形だけでなく多角形の段ボールケースを製函することができます。

    スタンディングパウチ向け段ボールケースは8角形の段ボールを採用いただきました。8角形にすることで、縦の柱が増えるため荷重に対する強度がアップ。強度がアップしたことで、段ボール紙の厚さを約20%薄くしました。

    また、段ボールケース内の空間率を抑えより体積を25%小さくしたことで積載効率が150%アップし、トラックの台数が従来より約3割減少しました。

今後の展望

  • 日本市場で注目されるイーコマース、量販店の店頭が大きく変化する。(シェルフ・レディ・パッケージ)

    日本市場で注目されるイーコマース、量販店の店頭が大きく変化する。(シェルフ・レディ・パッケージ)

    世界的な成長を続けているイーコマース(通販)が、商品の販売形態にも大きな影響を与えています。お客様が直接商品を購入しようとする量販店の店舗では、売り場の準備・売り方で大きく変化しようとしています。

    近年、大手量販店や食品製造メーカーから採用条件となっているのが、「シェルフ・レディ・パッケージ」です。

    大手量販店や製造メーカーからは、採用検討や現行商品の置き換え検討の依頼が多くなっています。「シェルフ・レディ・パッケージ」は、店頭の品出し作業に伴う人件費や作業時間の削減が期待できます。

    量販店業界でも、人手不足の問題は大きな課題です。また、店舗形態は大型郊外型店舗となり、商品の展示方法も変化しています。「シェルフ・レディ・パッケージ」は欧州市場発のパッケージコンセプトで、日本市場の採用率も伸長しています。

    日本トーカンパッケージはイーコマース(通販)パッケージと共に、シェルフ・レディ・パッケージも、お客様の要望に対応できる製品を用意しております。

関連する導入事例

業界別特集

お問い合わせ・各種請求

製品・サービスに関するご相談・お問い合わせ、
各種のご請求はこちらから