紙器の専門サイト|日本トーカンパッケージ

受賞実績

日本トーカンパッケージの
パッケージコンテスト受賞実績一覧

2008年~2021年まで社団法人日本包装技術協会主催の「日本パッケージングコンテスト(JPC)」において、
数々の部門で受賞実績があります。

2021年

包装技術賞/包装アイデア賞

キリンホールディングス株式会社様と
共同出展品
ボトル缶を多段スタック可能な
紙製店頭陳列包装

ボトル缶のスタック陳列ができるマルチパックです。
ボトル缶はスタックができないため、店頭で陳列できる棚が限られてしまいます。缶を紙製スリーブで巻き付けることで、スタックを可能にし、段積みする陳列棚に対応することができます。
3缶以外の複数缶にも対応可能です。
包装部門賞/輸送包装部門賞

エアゾール缶取出しラインの
外装箱開封作業効率化

ロボットで製品を取り出す際、フラップが邪魔になるたため、蓋部を別パーツにしてフラップを無くし作業性向上を図った段ボールケースです。
既存製品では、通常A式ケースのフラップにゴムバンドを掛けて反発による広がりを防止していました。蓋部の構造変更により、ゴム掛け作業を無くし作業性向上を図りました。また、罫線を折り本体に差し込むだけのため、取り外しがしやすくなっています。
包装部門賞/電気・機器包装部門賞

1プッシュで簡単固定!
プッシュフィットトレー

1つの部材でサイズの違う商品に対応するトレーです。
折り込み方法の工夫により、上下左右方向にサイズ調整が可能です。トレーは折り込み機構が4か所あり、折り込み箇所をかえることで複数サイズの商品に対応できます。1プッシュ折り込み箇所を成型できるため作業の効率化も実現しています。
包装部門賞/工業包装部門賞

整水器梱包部材の共通化

2種類の形状の異なる整水器と付属品を共通化した外装箱とパッドです。外装箱とパット共通化することで、既存製品と比較し、イニシャルコストを約50%削減や部材の管理点数・保管場所の削減。また、パットの使用量を2枚から1枚にすることで、作業工数の削減を図りました。

2020年

2020年 ジャパンスター賞/
公益財団法人日本生産性本部会長賞

京セラ株式会社 多孔質セラミック製品の
オール段ボール包装

オール段ボール化による脱プラスチック化を図り、環境性能を向上した緩衝材です。また、緩衝性を従来比約50%向上させ、破損しやすい多孔質セラミックを保護します。製品の入数により部材を使いわけできるため、ロス率が少なく経済性にも優れています。
2020年 包装技術賞/
アクセシブルデザイン包装賞

外箱(ビン12本×4)
簡易開梱仕様

店頭での品出し作業時に開封しやすいシェルフレディパッケージです。天面の開口部の延長にジッパー加工を追加することで、1アクションで天面から側面まで開封できます。天面と側面を開封することで、トレーの取り出しが容易にできます。また、開封後の処分のしやすさも考慮しています。
2020年 包装部門賞/
「電気・機器包装部門賞」

浄水器梱包のオール
段ボール化

オール段ボール化による脱プラスチック化を図り、環境性能を向上した梱包材です。使用後の分別の手間を無くし、全ての梱包材がリサイクルできます。
また、製品を固定しているパットの6か所に底上げ機能をつけることで緩衝性を確保し、製品を保護します。天地の緩衝材や左右の固定パットを共通化することにより、付属品数を減らし、管理をしやすくしています。

2019年

2019年 包装アイデア賞

エコ・クイック・ボックス

段目を45°傾けシート形状を正方形に近づける事により『26%』の削減が図れた。四隅貼り→フラップ双方に係止する事により、封函前状態での自立が可能。(積重ね可)簡易組立治具により組立工数が『45%』改善。
2019年 ロジスティクス賞

ビン9本用 簡単組仕切

1枚の段ボールシートから4本のミシン刃を90°折り込むだけで簡単に仕切を組む事が可能。中央の桝は底パット機能となり商品が乗ることによって仕切が上下方向にズレる事を防止する。最小限の高さで緩衝機能を活用できる。シート状で保管出来、仕様前の資材スペースの削減が図れる。
2019年 輸送包装部門賞

エコ・クッション・パッド

1.8L瓶の底面を守る段ボール緩衝材。弊社従来品「CFG(クッション・フレキシブル・グルー)」に対し、資材面積『32%』削減。大幅なコストダウンを達成。従来品同様作業性は変わらず、化粧箱に押し込む事で成形可能。

2018年

2018年 ロジスティクス賞

525PETx24簡易開封陳列
(リーフカット)

シェルフレディー・パッケージに於いて波がt形状の切れ刃を入れることにより開封性と耐圧強度向上の両立が可能となり品出し時の作業性改善ができました。
2018年 適正包装賞

ビールギフトカートン
包装資材廃棄ロス削減形態

商品改訂のたびに廃棄される在庫資材を最小限に抑えるため、新たに商品識別パーツを追加し、蓋に開けた窓穴から商品情報を認識できるようにした。識別パーツの差し替えで同型ギフト全ての蓋材が共通化できます。
2018年 POP・店頭販売包装部門賞

簡易陳列包装箱

店頭でのオペレーション作業(品出し・陳列)を軽減できる箱形態を開発した。商品をひとつづつ取り出す必要が無く、ケース単位でまとめて品出し・陳列ができます。

2017年以前

2017年度 食品包装部門賞

黄金の味 PETボトル
(360g・480g)

400gビンに代わり、PETボトル(360g・480g)を採用した。従来の瓶のフォルムを継承しつつ、ボトル中央部にくびれを持たせ持ちやすい形状とした。店舗作業性向上のため、開けやすい段ボール形状を採用した。
2017年度 POP・店頭販売包装部門賞

ハワイアンオープン
ディスプレイ箱

店頭陳列用ディスプレイ機能を持った紙器箱や中箱において、開封・トレー化の際に箱の周囲に入れるジッパーの形状を工夫することにより、前面部指穴を手前に引き、そのまま上に持ち上げるだけで開封できるようにした簡単開封カートンです。片手で箱を持ちながら、もう一方の手だけで開封が可能です。
2017年度 POP・店頭販売包装部門賞

525PETx24簡易開封(TOP)

従来、開封・トレー化に使用していたカットテープを廃止し、波形カット刃を採用することにより、開封作業性の簡素化並びに開封時の切断面状態の向上と開封時のごみ発生(別パーツ化)の抑制を実現した。また、カットテープの廃止により、コストダウンも実現した。
2017年度 贈答品包装部門賞

政宗 座り揚げ 逸品
発送用外装箱

高級贈答品発送用として従来の0201式に変わる形状の設計をしました。天面両開き形態から片開き形態に変更し、封函時に差し込み部がロックする改ざん防止機能を付けました。製品の高級感を損なわずに開封時に見栄えが良く、カッター不要で開封できる外装箱ができました。
2017年度 ロジスティクス賞

コストコ向け
カット野菜10袋入カートン

従来の外装箱では、輸送後に店舗でジッパー部分をカットしてケースに窓を開ける作業が必要でしたが、組立時に強度がアップする形態にデザインすることで、ディスプレイ形態のまま輸送ができ、店舗での開封作業をなくして作業効率をアップすることができました。
2016年度 電気・機器包装部門賞

家庭用LED照明器具の梱包箱

家庭用吊り下げタイプLED明器具の梱包において、従来は別パーツであった固定用の部材を梱包箱の底フラップ部の加工により、外装箱と一体化することに成功しました。これにより内容物の保護性や外装箱の強度を損なうことなく、省スペ―ス性や省資源性の向上と共にコストダウンを可能としました。
2016年度 輸送包装部門賞

「お店でお見せします」
手組みスタックトレー

従来のトレーでは天面に差し込みの為の桟が必要でしたが、側面部で差し込む構造としたため、才数の削減が可能となりました。スタック方法も爪による篏合ではなく、トレーの底面にテーパーを付けたはめこみ式にした為、シビアな位置決めをしなくても容易にスタックが可能となりました。
2015年度 電気・機器包装部門賞

家庭用照明器具の梱包箱

家庭用吊り下げタイプ照明器具の梱包において、梱包作業性向上をメインに製品の保持形状の工夫と組立てが容易な部材を開発したことにより、品質や強度を損なうことなく、省スペ―ス・省資源やコストダウンを可能としました。
2015年度 POP・店頭販売包装賞部門賞

190ml缶用吊り下げ什器

商品の販促効果向上に力を発揮する新しいパッケ―ジです。缶のデザインを最大限に見せることが可能である上、缶の構造を利用して固定することにより、使用面積も削減可能な吊下げタイプの什器です。
2015年度 輸送包装部門賞

醤油1LボトルHパネルカートン

横罫線をV字罫線にし、長手面中央部に隙間を設け、パネル中央部に掛る荷重を減らすことにより、胴膨れを抑制出来る構造としました。既存の設備(ケーサー)にそのまま使用できるので、材質合理化も可能になり、コストダウン及び環境対応に貢献します。
2014年度 工業包装部門賞

コンプレッサーの段ボール包装

100種類を超える製品の梱包部材の規格・集約化を実現した。製品の保持形状の工夫と組立てが容易な部材を開発したことにより、品質や強度を損なうことなく、省スペ―ス・省資源やコストダウンを可能とした。
2014年度 輸送包装部門賞

紙パック×12本入
イージーオープンケース

紙パック用外装箱において天面の開封し易い形状に変更し、天面と側面から内容品の取り出しが容易にできる外装箱を開発した。機械の設備変更等なしで作成が可能な形状となっています。
2014年度 適正包装賞

箱の変形を防止した
ハンガーディスプレイ

POPの端から紐で真っ直ぐに吊るし、箱の中の製品を容易に取り出す事が出来、吊下げた状態をいつまでも綺麗にキ―プ出来るハンガ―タイプのディスプレイです。
2014年度 パッケージデザイン賞

柿用ディスプレイトレイ

棒積み輸送での製品安定性を考慮したスタッキング性を高めた柿用の手組みトレイです。8角形状にすることで、箱圧縮強度が増します。また、角部を活かしたデザインにより店頭で目立ち易く、柿を模した窓をつけ視認性もアップしたケースです。
2013年度 ロジスティクス賞

プチチョコパイ
※(株)ロッテ殿と共同受賞

今回の包装仕様は、「5個入れ0201型ケース」4ケースをメルト連結し、1ケースずつ分離出来る仕様に変更しました。結果、包装材料の削減及び積載効率の向上によるコストダウンが図れました。
2013年度 包装アイデア賞

踏切警報灯の施工性配慮包装

踏切警報灯の施工作業性に配慮した包装を開発しました。施工時にパッドに付けられた紐を取付金具に掛け製品を宙吊りにすることにより、コネクタ接続作業が容易になり、従来2名作業が1名で可能となりました。
2013年度 日用品・雑貨包装部門賞

色紙12色 棚&輸送ケース

組仕切によって色紙を色分けして輸送し、そのまま保管棚としても使用できるケースです。色ごとに部屋を設けることで従来の個包装を取り除くことが可能になり、色紙の状態がひと目でわかる仕様となった。また到着後に色紙を外箱から取り出す手間、使用時に色紙を個包装から取り出す手間を省き、輸送から使用までのスマートな工程を実現しました。
2013年度 飲料包装部門賞

ワンタッチで組み上がる仕切材

酒瓶5本入れ用の梱包箱。当初、酒瓶を仕切る為の仕切り材は複数枚の段ボールを組んで使用する井の字型の組仕切で考えていたが、より作業性のよい仕切材を作成して欲しいとの依頼を顧客より受けて、1枚の段ボールで5本の瓶を仕切れる仕切材を開発した。
2012年度 アクセシブルデザイン包装賞

簡易組立式什器 A-type

組立て納入・折畳んで納入も出来、店舗で使用する際に誰でも簡単に組立てられる2wayタイプの什器となっています。
2012年度 電気・機器包装部門賞

家庭用照明器具
(シーリングライト)の梱包箱

照明器具の保護・保管機能を無駄なく実現し、作業コストと材料コストを低減させ、販売コストの大幅な削減を可能にしました。
2012年度 日用品・雑貨包装部門賞

非常時 おたすけ箱

東日本大震災の実体験から生れました。災害直後の非常事態をカバーする商品です。1人3日分の生命維持に必要な食料品と衛生用品をひとまとめにしています。外箱は簡易トイレの機能があります。
2011年度 贈答品包装部門賞

アレンジメント用
花容器における固定材

1枚のダンボールで構成される花容器。固定材の上に花鉢や花かごを載せ、左右の口字形部をワンタッチで立ち上げ、そのまま容器(箱)に入れるだけで水平・上下方向すべての動きを制止できます。花を取り出す時も固定材ごと容器(箱)から取り出せば、動き止め部が自然に解除され簡単に取り出すことが出来ます。
2011年度 電気・機器包装部門賞

海外輸出梱包材の
段ボール化における固定材

現行仕様はプラスチックボードに成型ポリウレタンスポンジを貼り合せた包装材を使用しており、包装材の回収にコストや、包装材を海外の現地で処分する費用等が問題となっています。今回、現行仕様と同様の形状を段ボールにて再現することで包装材の回収の必要がなくなり、使用後に現地処分し易くなりました。
2010年度 医薬品・医療品包装部門 部門賞

開封取り出し『らくらくケース』

ブリックパックなどの直方体容器を簡単に取り出せる機能を持った段ボ―ルケ―スです。ジッパ―による開梱方法を採用する事によって生じる強度劣化を防ぐ形態となっています。カットテ―プの分別が不要となりました。
2009年度 ロジスティクス賞

オトールパッケージングシステム

段ボールを8角形にすることで、よりコンパクトでより強い製品を追求し、エコロジーで、エコノミーな段ボールをご提供いたします。8角形段ボールを作るシステムは、当社が1997年に日本で初めて導入しました。独自の包装設計、システム設計でご要望に合った製品をお届けすることで、今日では、様々な業態のお客様に、様々な用途でご使用頂いております。
2008年度 ジャパンスター賞
(社)日本グラフィックデザイナー協会賞

輸入アスパラガス用
超耐水カートン『シクラパック』

木箱から超耐水板紙シクラへ材料変更し、リサイクル性・梱包作業性を飛躍的に向上。木製を紙製の容器に替えることで、使用後の容器がリサイクル可能のものになりました。また、木製の場合は流通過程で、木製以外の箱に詰め替えることが必要でしたが、紙製にした為、流通上の梱包作業を軽減することができました。

お問い合わせ・各種請求

製品・サービスに関するご相談・お問い合わせ、
各種のご請求はこちらから